初午へ。大久保長安ゆかりの産千代稲荷神社と地元の(大和田)の稲荷神社へ

今日は、「初午」。稲荷神社の境内には五色の旗が飾られています。
うちの長女(葵央)と次女(瑞央)の名も書いて飾られてもらいました。

画像


「初午」の由来を調べたら、
2月最初の午の日に初午詣(はつうまもうで)」として五穀豊穣を願ってお参りをするようになり、今では商売繁盛、家内安全、開運を祈願します。
まさしく、お稲荷様は農業の神様、商売の神様ですね。

画像
画像
画像
画像


今回お邪魔した八王子市小門町にある「産千代稲荷神社」は、関東代官頭となった大久保長安が八王子に陣屋を設けた際、鬼門除けの守護神として奉斎したことに始まると伝えられています。

八王子のまちづくりの基礎を造った方ですね!

画像


僕の生まれ育った大和田町の八幡神社の境内にある大和田稲荷大明神でも「初午」が行われており、私の兄弟ファミリーも揃ってお邪魔してました。
子供たちは、お菓子ももらって喜んでました!うちの子は…そのお菓子を家に帰るまで離さず、ずっと握りしめてました。笑

やっぱ子供にとってお祭りは、特別な日です。